「ラリー」カテゴリーアーカイブ

「中級者向けラリー競技」TRD RALLY CUP プレシーズンマッチ(TRD RALLY CUP)

国内ではラリーが今一番盛り上がっているモータースポーツかもしれませんね。
いまやエントリー台数が多すぎて新規参入ではエントリー出来ない(不受理有り)TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジの別カテゴリーって感じのシリーズが始まるようです!

中級者向けラリー競技
TRD RALLY CUP プレシーズンマッチ開催のご案内

http://trdparts.jp/release/2018_trd-rally-cup.html

一部抜粋

日本国内におけるラリー競技の中級参加者を対象にしたラリー競技を、2018年10月と11月の2戦

トヨタヴィッツ(NCP131/91)を対象とした「CUP1」と、トヨタ86/スバルBRZを対象とした クラス「CUP2」で構成され、改造範囲に独自の制限を設けた車両規則により車両コストの低減と選手の参加しやすさをねらいとしたラリー

2019年には年間4戦程度のシリーズ開催も計画

との事です。
TRDヴィッツチャレンジのプレシーズンの情報を読んだときのようなこのドキドキワクワク感!!!
中級ではないのですぐには無理とはいえ、出たいぞ〜。
ラリー熱が再発中にこのようなニュースが飛び込んできてしまって困った困った。
9月号のプレイドライブにもTOYOTAラリーに新規参戦出来ないとかいう記事を読みながら悶々としていた所へ・・・。

ラリーは車も準備もチームも一人で走る競技の何倍も大変で何倍もお金がかかります。
ですが、ジムカーナというナンバー付きでありながらも、実際に公道を走るとなると無茶かなと思えるセッティングでの競技に疑問が・・・(汗)

TRD指定パーツを組み上げたSCP10の1L初期ヴィッツはドライブから競技まで本当に楽しめたんです。
今でも友人が足車として維持してくれていて、たまーにのせてくれるんですが本当に楽しくって楽しくって、ノーマルだった時には酷いなと思っていた車が足回りやLSDやロールバーで随分と走りが楽しめるんだと思わせてくれた初めての車がヴィッツTRDラリー車でした。

脱線しますが、ジムカーナはナンバーにこだわらないか、サイドターン的な無茶なコースをやめるしか今後の道は無いのではないかと危惧しています。
サイドターンが決まると楽しいです、これがなくなったらジムカーナではなくなってしまうとも言えるのかもしれません。
でももしJAFがナンバー付き車両で車の運転技術を競う、底辺からサンデージムカーナを推奨するのであれば、LSD無しか、サイドターン無し、カートコースとかではなくて、ひろーい駐車場のような舗装路にパイロンを迷路のように置いて、ミスコースを誘いながら真剣勝負するってのが良い気がします。

TRDの指定パーツを組み込む範囲でのラリーは本当に助かります。
青天井ではなくなりますし、セッティングも泥沼にはなりにくい。
そんなこんなで、この「TRD RALLY CUP」に熱い視線を送りながら、万が一現場に行けそうなタイミングがあれば是非覗きに行ってみたいと思っています。

ラリーはドライバーだけでなく、コ・ドライバーという存在が欠かせません。チームプレーでのモータースポーツに再参戦出来たら良いなと思っています。
どなたかご興味あります方いらっしゃいましたら、是非ヤナギコーヒーで私Gまでお声がけ下さいませ。

暑い日が続きますがどうぞご自愛下さい。
それでは。

SN310064
10260005

ヤナギG

 

p.s
改めてGAZOOのラリーチャレンジ規定書をみてみて、CVTのアクアクラスC-1が盛り上がっていることを再認識!
これってトヨタの意地だなと思いました、キャラクター的なドライバーを走らせたりしてますし、本気度120%ですねモリゾーさん!
アクアの車両も安くなってきているので、ロールケージとショック、アンダーガード類や消化器と最低限の装備で参戦できるのは嬉しいかも。
勿論、普段使いにも問題ないことは実証済み!!
CVTだからLSD組み込まなくて良いから、速さよりもメンテナンスや長い目でみたら、こういったクラスの細長い持続を期待します。
エントリーしてもはじかれちゃうと可愛そうだから、中級クラスのTRD RALLY CUPを作ったんでしょうから、トヨタの思惑がうまく行けば、2019年は新規参戦もしやすくなるのかな?!
アクア、ちょっと本気で考えてみたくなりましたとさ。
もしアクアを廃車や激安で下取りに出しちゃう人が居たらヤナギレーシングまでご連絡下さい!!

SUZUKIの5AGSにもLSD装着可、TOYOTAのスポーツCVTユニットにはLSD内蔵

色々と面白い時代になってきましたね。
参加型モータースポーツはMT全盛期であるのは当たり前ですが、F1やトップカテゴリーではHパターンのシフトチェンジではなくなっており、この後の参加型モータースポーツの世界でもどうなっていくのか興味津々です。

自動車のスピード競技でどうしても欲しいパーツがLSDだと思います。
そのLSDがCVTに密閉式LSDを入れてみたり、5AGSにも組み込めるようになっていますので情報を整理しておきます。

トヨタが「TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツの裾野を広げることを目的に、2018年の全日本ラリー選手権にCVT車両で参戦するチームに対し、スポーツCVTユニット*1を供給します。」とのアナウンスがありましたね。
開発者のコメントでも「2017年の挑戦で、CVTは専用のLSDを採用する等で、スポーツ走行を可能にし、さらに制御プログラムの改良によりMT車両にも劣らないパフォーマンスが発揮できる場合があることを証明できたと実感」との事で昨年の全日本ラリーinつま恋まで見に行ったCVTの車両を懐かしく思い出しました。
https://toyotagazooracing.com/jp/jrc/release/2018/0316-01.html

当初エラーして駄目だったスズキのアルトターボHA36Sの5AGSにも組めるようで、クスコさんから発売されています。
https://www.cusco.co.jp/products/suzuki/_ha36s.html

【type-RS】
FF・5MT車用 税抜価格 ¥94,000
FF・AGS車用 税抜価格 ¥113,000
4WD車用 税抜価格 ¥120,000

●FF(2WD)/『5AGS』ミッション車専用【type-RS】・・・LSD-629-### (受注生産・新設定)
FF LSD-629-### 税抜価格 ¥113,000
仕様:Cサイズディスク8枚 / RSスプリング8本(最大12本) / 標準イニシャルトルク2~3kgf・m
LSDリペアーキット LSD-001-26 / LSDイニシャルトルクチェック工具(SST) LSD-SST-14
※注意・・・ミッション脱着時、ディーラー専用診断機での作業(AGSのアクチュエーターの油圧の減圧、加圧等)が必要です。
※本製品は受注生産となりますので部材欠品時には最大納期約3カ月いただく場合があります。

◇LSD-629-F>>>1Way35°
・・・2カム方式 1&1Way (1Way35°/1Way45°) JAN CODE 4996 3380 86549
◇LSD-629-C>>>1Way45°
・・・2カム方式 1&1.5Way (1Way45°/1.5Way45°-15°) JAN CODE 4996 3381 02621
◇LSD-629-C15>>>1.5Way55°-20°
・・・2カム方式 1&1.5Way (1Way45°/1.5Way45°-15°) JAN CODE 4996 3381 02638
※type-MZの設定はありません。またSpec-Fの設定はありません。

個人的にはスイフトの5AGSが出たので、これにLSDが組み込めるようになれば、これはまた面白い世界が広がっていくのではないかと思っております。

車や競技関係が好きな方、ヤナギコーヒーにてPD片手にお待ちしております。(不在でしたらゴメンナサイ)

それではまた。

ヤナギG

レーシングモードCVT搭載!!

GRの情報が一気に解禁になった。

一番興味があるのが下記部分のヴィッツCVT。

ヴィッツGRもGR SPORTも上々の仕上がり

続いて乗った「ヴィッツ GR」も楽しい仕上がりだった。従来、「RS」に搭載されていた最高出力109psの1.5LエンジンにはMTもCVTも設定されているが、特にCVTには全日本ラリーなどで開発を進めてきたレーシングモードCVTが採用されている。10段の仮想ギア比を持ち、またブレーキング時にすぐにギア比を高速側に寄せずに、エンジンの高回転域をキープさせて、立ち上がりでの即座の加速を可能にするものだ。

https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170915-20103371-carview/4/

 

いやー来ましたか、今乗りに乗っているのはTOYOTAですね、やっぱり。

欧州3ドア ヤリスに1.8Lを積んだヴィッツ GRMN

これも気になります!
ではまた。

ヤナギG