「レース」カテゴリーアーカイブ

VITA-01という1シーターのレーシングカー

私は今日、VITA-01という1シーターのレーシングカーと出会いました。
ヴィッツ1.5Lエンジンを背中にリジットマウントで積んだ、ヴィッツ5MTのレーシングカーですって?!
乗ってみたいじゃないですか、こんなレーシングカー。

/////

サーキットをエキサイティングマシンで、安全にローコストで走る。レーシングカーとして生まれた本格的マシン、それがVITA-01です。

VITAの魅力

エキサイティングマシンを安全かつローコストで¥3,420,000(new E/G,T/M 税別)
¥2,860,000(used E/G,T/M 税別)

VITA-01

VITAは⻑年培ったコンストラクト技術の中、企画、設計、製作という工程を経てレーシングカーとして完成します。
構造

フォーミュラカーを例に挙げると、フレーム、アーム等足回りの構造はほとんど同じに作られています。それにフルカウルが被さったことにより、コントロールしやすいスポーツカーマシンに仕上がっています。

走行

レーシングカーとして生まれたVITAは、驚くほど高い走行性能を発揮します。ロールは最小限に抑えられ、フォーミュラカーほどピーキーな動きではないものの、フロントやリヤの動きをリヤルタイムに感じることが出来、思いきりテールスライドさせてもカウンターを当てればちゃんと立ち直ってくれます。これは軽い車重によるパワーウェイトレシオの低さと、サスペンション構造による効果です。

/////

以上、VITAというレーシングカーを作って販売している会社のサイトから抜粋しました。
公道ではレーシング活動出来ない、もしくは違法ですから、サーキットなど決められた場所でレーシング活動をするのであれば、公道で定められたものは無しにした時に見えてくるものってなんだろうと、ふと思い立って調べてみたら、VITAというレーシングカーにたどり着きました。

私は散々書いているように、F1が好きなので、その世界により近いものは何だろうかと考えた時にフォーミュラカーという選択肢を思いついたのですが、いったい幾らかかるのか回目検討もつかなかったのですが、なんとなくリアルな感覚でつかめました。

今すぐには現金もありませんが、レーシング活動として国際サーキットを走るのは夢ですね。

VITAの中古車両とか出ていないのか調べきれていませんが、シリーズが始まって時間がたっているのであるのかなーとか興味津々です。

鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ、富士スピードウェイ、筑波サーキットなど全国でレースが開催されています。「全国7サーキット、計36レースが開催されるVITA-01」
11/17(土)に富士スピードウェイで最終戦がありそうなので、タイムスケジュールが発表されて走るようなら時間を作って覗きに行ってみたいなと思いました。
11/18には筑波でVITA TROPHY CUPの最終戦があるようですが、イベントの日なので流石に休めないかな。

VITA-RACE

ただ生きるのではなく、なにか自分の関心事にお金をつぎ込んででも生き抜く力が欲しいと思う今日この頃です。

おっさんレーサーとしての活動を生き様に出来るようなカテゴリーを見つけること、そして活動資金を稼ぎ出すこと、色々とやることあります。

ホットバージョンでVITA-01の動画ありましたので15分時間があるかたどうぞ。

それではまた。

ヤナギG

佐藤琢磨 優勝!! 2018インディーカーRd.16 ポートランド

佐藤琢磨がまたまたやりました!
2018インディーカーRd.16 ポートランドで今季初勝利、インディーカーで通算3勝目を上げました!!!
F1以降フェイドアウトせずに国内にも戻らずに海外でのレース参戦を淡々と続けている佐藤琢磨選手、同じ年とは思えない〜。
本当に嬉しいです!

ル・マンのTOYOTA、2台のオンボード生中継

今年のル・マンも15時間経過し、あと残すところ9時間弱となりました。
ポールの#8はペナルティ?で#7が先行していますが1-2で走行中です。

下記GRサイトでは、走行中の2台のオンボード生中継が横並びで見ることが出来ます!!
13時過ぎ現在で小林可夢偉&中嶋一貴という二人のドライバーの走行が眺められるという贅沢な状況。
小林可夢偉選手が先行して、少し遅れて中嶋一貴選手が追いかけている面白い映像ですよ〜。

WEC 2018-19年 第2戦 ル・マン24時間レース
オンボード映像生配信

6/16(土)22:00 〜 6/17(日) 22:00
2台のTS050 HYBRIDのオンボード映像を
Youtube LIVEで配信中!

https://toyotagazooracing.com/jp/wec/special/2018-2019/lemans-onboard-live.html