ヤナギレーシング のすべての投稿

冬タイヤへの交換はお早めに

あっという間に12月になりますね。
今朝、散歩中に車が事故を起こしていました。
話を聞いたわけではないので推測ですが、スリップしてしまったのではないかと思います。
橋の上で凍る箇所なんです、事故現場。
ヤナギコーヒーから少し名栗側に行った所に「赤沢橋」がありますが、ココです。
いつも凍るし事故が多いのですが、縦溝が切られている事からも危険箇所だとわかりますね。

というわけで、お客さんや自分も含めて今日は一気に3台の車を冬タイヤに交換しました。
1台はエンジンオイルとフィルターも交換したので、ちょいと時間がかかりました。
日暮れが早くて慌てての作業でしたが何とか午後だけで全て終了。
タイヤを洗うのは明日にします。
洗って干して、空気を抜いてから倉庫で保管するのが私流のやり方です。

ついでという訳ではありませんが、フィアットのPANDAもエンジンかけてチョット移動させました。
キャブ車、重ステの車はいいですねーーーーー、アナログ感がもうたまりません。
エンジンかけようとしたら、スターターがうんともすんともいわなくなって、エンジンルームを眺めながらウンウンうなって悩んでいたら、スターターの配線がしっかり外れてましたとさ。
折れちゃったマフラーを修理するか、2万円で新品見つけたので、車検取れないかなーとか色々と悩んでます。

話しはタイヤに戻りますが、ヤナギレーシングではタイヤを夏と冬の入れ替えとお預かりをさせていただくサービスをしています。
ご自分でされるのが面倒な方、タイヤを良い状態で保管できない方などなど、是非サービスのご利用お待ちしております。

今度はヴィヴィオE-KK4白とサヨナラしました

今日は二台目のヴィヴィオE-KK4白が仮ナンバーで引き取られて行きました。
こちらは今年の7月まで車検があった車両で、あちこち手直しは必要ですが、すぐに車検も通るであろう状態のものです。
でもエアコンガスが抜けちゃったり、足にガタが出ていたり、電動のドア窓のスイッチ不良や落ちちゃうなど、手をかけてあげないと通常の状態とは言えません。

某スバルのメカニックの方が持って帰ってくれましたので、鉄くずにならずに済みそうで、正直ほっとしております。

世の中、ミスマッチや維持費の事など、いろいろな条件が合わないと維持管理出来ない自動車の仕組みを、もう少し簡素化というか費用がかからない方向でのカーライフを送れないものかと日々悩んでいますが、国の取れるところから取るという現状や新車メーカーがこんなに小さな国に複数存在するなど国策としては安くなる方向よりも新車が売れる方を選びますよね、残念です。

友人に頼まれて、探し回って見つけ出してきたパートタイム4WDの5ドアヴィヴィオE-KK4。
メカニックという素晴らしい新しいオーナーの元で、次の人生を歩んで下さい。

車は日常と共に我々とあります、これは紛れもない事実。
自動車を自ら運転しない人であっても、トラックの物流に支えられた商品や宅配便などで関わりのある部分になります。
自動車を楽しめる、争うレースを楽しめる、速さを楽しめる、移動を楽しめる、メンテナンスを楽しめる、そういった文化がこの日本で理解をされて、日常になることを心から願っていますが、願うだけでは叶いませんね。
今後はもう少し、あと少しの人生の時間を多めに使って自ら楽しみ楽しませるように活動していけたらと思っています。

自動車好きな方、ヤナギコーヒーまで遊びに来てくださいね!
それではまた。

ヤナギG

ヴィヴィオのバンV-KW3銀とサヨナラしました

先日、ながーく我が家に放置されていたヴィヴィオの商用バンV-KW3銀とサヨナラしました。
悲しい別れというよりも嬉しい別れ、某自動車学校の某部活に引き取っていただきました。

ヤナギコーヒーに来てくれる学生の方が所属する部活で探している車と条件があったので差し上げました。
新しい人生を新しい場所で過ごせるのは車としても良いのではないかと思います。

V-KW3ですが、ヴィヴィオの中でも一番安価だった商用のバンタイプです。
3ドアでリアシートは4ナンバーのバンですから、ペラペラで狭くてとてもとても大人が座っていられません。
パワーステアリングもありません、ので重ステですがタイヤが細くて車体が630キロと軽いので、パワステなんていりませんしダイレクト感が最高でした。
エンジンはキャブ車です、燃費も悪くないし困ったことは一度もありませんでした。
四輪独立サスペンション、ボディもよれる感じもなく、シートレールを手に入れて速攻で運転席フルバケットシート、助手席セミバケットシートのヴィッツのラリーの時のセットで走り回っておりました。

購入したのは10年以上前です。
友人に頼んで業者オークションで2.9万円で落札して、F1日本GPに鈴鹿サーキットまで観戦に行く当日に受け取って、雨の中オーディオをその場で取り付けて、キャンプ道具満載で向かった思い出の車です。
今の場所に引っ越す時にも散々荷物満載で往復しました。
小さなヴィヴィオですが、大きな荷物が大量に乗るんですよ!
そんなこんなで5万キロぐらい走って、ひっそりと留置してあったんです。
ロールバーを持っているので、いつか組み込んで、ダート走行して横転したらおしまいといった余生を考えていました。

それが巡り巡って、キャブレターを知らない学生達の元へ旅立っていったのは良いことだったのではないでしょうか。

まだまだ7万キロ、新天地でもうひと花咲かせてくれることを期待しています。
サヨナラV-KW3銀。

嬉しい連絡がすぐに届きまして。
引き取って、学校について20分でエンジンがかかったそうです!
アナログな車って素朴で良いですね。
私も負けじと141パンダのキャブ車があるので、それにナンバー付けて乗ろうかなと思っちゃいますね。

作業状況をツイットしてくれる度に涙が出そうなくらい嬉しいです。
日に当たる場所に放置していた為か、ボディがすごくコンディションが良かったのでビックリしたのですが、こうやってリフトアップされている姿を見る度に、良いところに貰われていったなーと思うのでした。
いろいろといじってくれて本当にありがとうございます。

それではまた。
ヤナギG

p.s
今度は白E-KK4ヴィヴィオを引き取ってくれる若者がいるようなので楽しみです。
こっちの車両はスバルお得意のパートタイム4WDの5ナンバー5ドアです。
昔、友人が車に乗りたい、4WDの軽自動車が良いとの事で車屋からひっぱってきた車両です。
海外に出稼ぎに出てしまって、オーナー不在でしたが、ご近所の方が乗ってくれて、また戻ってきている車両です。

できるだけ鉄くずやパーツ取りにならないような道筋を付けたい、せめて手元にある車だけでもと思っています。
NAのBG5レガシーツーリングワゴンMTは鉄くずにしてしまって、未だに後悔しています・・・。